問い合わせアクセス
概要授業教員・研究室生活・環境美術科×社会大学院お知らせ同窓会

     
 

教員

教員紹介
 甲斐教行
 金子一夫
 片口直樹
 向野康江
 小泉晋弥
 島  剛
 島田裕之
 寺本輝正
研究室紹介

 
     
_ 向野 康江(KOHNO Yasue)

          
 個人HPへはこちらから↓
 

所属・職名:
最終学歴:
学位:
専門分野:
研究テーマ:
所属学会:

美術教育教室 教授
筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了(1994年3月)
博士(芸術学)(筑波大学 1994年) 
芸術教育学
芸術教育思想(大正期)、関衛、向野堅一
美術科教育学会、教育史学会、大学美術教育学会、InSEA(International Society of Education through Art/国際美術教育学会)、日本教育史研究会、淡窓研究会、孫文研究会、向野堅一顕彰会、現近代東北アジア地域史研究会


主な著書・論文等(2009〜2013年)
・「簡体字の特徴を活用した中国語学習の要点」『茨城大学教育実践研究』第27号(茨城大学教育学部附属実践総合センター、2009年)、共著、59-66頁
・世界賽評判分享 Comments from Adjudication Panel (lnternational Competition)『2008國際環境衛生年美術設計創作比賽作品集』(教育局、
2010年)、10頁(中国繁体字記述)
・「美術教師的愿景」銭初熹主編『美術教師教育愿景』(華東師範大学出版社、2010年)、180-182頁
・『子どものための美術教育−学校での図画工作科教育と家庭でのART教育−』(2010年、弦書房)
・「直方に生まれたつよくやさしい日本人・向野堅一」『茨城大学教育学部紀要(人文・社会科学、芸術)』第59号(茨城大学、2010年)、23-35頁
・「向野堅一に関する研究情報(1)」『向野堅一顕彰会会報』第2号(向野堅一顕彰会、2011年)、6-8頁
・「第3章 図画教育の変遷」渡辺千恵子編『小学校指導法図画工作』(玉川大学出版部、2011年)、25-32頁(単著部分)
・「用器画からの図画教育史に関する一考察T−教育法令と用器画本を中心にして−」『大学美術教育学会誌』第44号(大学美術教育学会、2012年)、199-206頁
・「向野堅一記念館の存続意義」『向野堅一顕彰会会報』第3号(向野堅一顕彰会、2012年)、10-12頁

担当科目
(学部)図画工作科教育法研究、図画工作科内容研究、美術科教育法研究
(大学院)美術教育研究・演習、美術文化総合研究


このページのTOPへ

Copyright(c)2012 Department of Fine Arts Education