問い合わせアクセス
概要授業教員・研究室生活・環境美術科×社会大学院お知らせ同窓会

     
 

授業

カリキュラム
美術科の授業
卒業研究・卒展

 
     
_ 美術科のカリキュラム


_ 授業の枠組み

 平成29年度入学生より、旧教養科目が基盤教育科目へと変更されました。
 また、平成29年度教育学部改組(新課程の募集停止等)により、教育学部の専門科目も変更されています。

基盤教育科目 「幅広く深い教養及び総合的な判断力を養い、豊かな人間性を涵養する」ことが目的の科目。 教育や美術だけでなく、様々な分野に目を向け、教養を養います。
 入門科目〜「大学入門ゼミ」「茨城学」
 共通基盤科目〜「プラティカル・イングリッシュ」「情報リテラシー」「心と体の健康」「科学の基礎」
他学部の学生と受講します。
専門科目 「各学部・課程等の専攻に関わる専門の学芸を教授する」ことが目的の科目。 美術関係の授業はほとんどこちらに含まれます。 美術以外の専門も学びます。
専門科目は、「教職に関する科目」 「教科に関する科目」に分かれています。美術に関わる 「教職に関する科目」は、「図画工作科教育法研究」「美術科教育法研究」など教育に関する科目があり、「教科に関する科目」では、「図画工作科内容研究」「絵画実技概論」「彫刻実技概論」「デザイン実技概論」「工芸実技概論」「西洋美術史」「日本美術史」など美術の専門内容に関わる科目が多数あります。
「教職に関する科目」の一部の授業は、他学科の学生と受講します。

 美術関係の授業については美術科の授業をご参照ください。


_ 美術科の新しい試み

美術科・図画工作科の教員になるという自覚を持って4年間の学習計画を組み立てるために、平成22年度から1〜2年生の新たな授業を開始しました。以下の授業を履修し経験や意識を少しずつステップアップして3年次からの教育実習では、自信と余裕を持って児童生徒の前に立つ事ができるはずです。
※この教育プログラムは平成28年度入学生で終了しました。平成29年度入学生に対しては、新たなプログラム(2年生以降)を計画中です。

「美術教育実践演習」「美術教育授業研究T」(1年次/2015年度の計画)
  ・基本的事項の確認
   →美術教育特有の物事の捉え方や技法の基本的事項を再確認します。
  ・美術館見学(茨城県近代美術館/天心記念五浦美術館/陶芸美術館)を通して、茨城の美術や美術作品への知見を深め、広げます。
  ・附属小中学校の図画工作、美術授業見学
   →教師として教える立場で美術教育を見直します。
  ・茨城県近代美術館での美術普及活動の研修
   →広く教育実践の現場を体験します

「美術教育授業研究U・V」(2年次/2015年度の計画)
  ・茨城県近代美術館での子どものためのワークショップ参加
   →社会教育としての造形活動を実践的に体験します。
  ・附属小中学校の図画工作、美術授業分析
   →授業を見学記録し、授業の構造を分析、研究します。
  ・同級生たちや大学教員とディスカッションやグループワーク
   →3、4年次の教育実習に向けて自信や実力をつけます。


このページのTOPへ

Copyright(c)2012 Department of Fine Arts Education