問い合わせアクセス
概要授業教員・研究室生活・環境美術科×社会大学院お知らせ同窓会

     
 

授業

カリキュラム
美術科の授業
卒業研究・卒展

 
     
_ 美術科のカリキュラム


_ 授業の枠組み

 平成29年度入学生より、旧教養科目が基盤教育科目へと変更されました。
 また、平成29年度教育学部改組(新課程の募集停止等)により、教育学部の専門科目も変更されています。

基盤教育科目 「幅広く深い教養及び総合的な判断力を養い、豊かな人間性を涵養する」ことが目的の科目。 教育や美術だけでなく、様々な分野に目を向け、教養を養います。
 入門科目〜「大学入門ゼミ」「茨城学」
 共通基盤科目〜「プラティカル・イングリッシュ」「情報リテラシー」「心と体の健康」「科学の基礎」
他学部の学生と受講します。
専門科目 「各学部・課程等の専攻に関わる専門の学芸を教授する」ことが目的の科目。 美術関係の授業はほとんどこちらに含まれます。 美術以外の専門も学びます。
専門科目は、「教職に関する科目」 「教科に関する科目」に分かれています。美術に関わる 「教職に関する科目」は、「図画工作科教育法研究」「美術科教育法研究」など教育に関する科目があり、「教科に関する科目」では、「図画工作科内容研究」「絵画実技概論」「彫刻実技概論」「デザイン実技概論」「工芸実技概論」「西洋美術史」「日本美術史」など美術の専門内容に関わる科目が多数あります。
「教職に関する科目」の一部の授業は、他学科の学生と受講します。

 美術関係の授業については美術科の授業をご参照ください。


_ 美術科の新カリキュラム

茨城大学の授業構成がクォーター制になったことを契機に、美術科のカリキュラム構造を新たに構成しました。

1年次
・「大学入門ゼミ」を中心にそれぞれの分野(美術教育、美術理論・美術史、専門実技〜デッサンを含む)の基礎を学びます→美術教育特有の物事の捉え方や技法の基本的事項を再確認します。
・「大学入門ゼミ」では美術館見学(茨城県近代美術館/天心記念五浦美術館/陶芸美術館)を通して、茨城の美術や美術作品への知見を深め、広げます。

2年次
・それぞれの分野(美術教育、美術理論・美術史、専門実技)の応用を学びます→美術教育の各領域での物事の捉え方や技法の知識・技能を進化させます。

3年次
・茨城県近代美術館での子どものためのワークショップ参加→社会教育としての造形活動を実践的に体験します。
・iOP「美術セミナー」開催→映像鑑賞、ワークショップ体験、美術館画廊見学等を通して美術への知見を広げます。
・「特別演習」「表現演習」開催→各分野の領域を専門的に追求し、卒業研究の準備をします。
※1〜3年次対象に「中等教育実践力養成・美術教育プログラム」が履修できます→美術理論・美術史、専門実技に関する実践力を高めます。

4年次
・各専門領域で卒業研究に取り組みます。


このページのTOPへ

Copyright(c)2012 Department of Fine Arts Education